スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚しました。

2016年05月12日 21:00

半年ぶりの更新です。

さようなら、から二回目のdialogです。

二度ものこのこ出てくるなどみっともないことは百も承知ですが、
こればかりはご報告しておきたかったので。



さて、
タイトルにあります通り、結婚しました。

ゴールデンウィーク中に婚姻届を提出し、結婚式をあげました。
相手はこのdialogの最後期に登場した彼女、今は妻です。

4年の交際期間を経てのゴールインであり、新たなるスタートです。

熊本地震が発生し、地震直後は式の開催すら危ぶまれましたが、
家族や友人に震災の影響も残る中参加していただいて、
どうにかつつがなく執り行うことが出来ました。



つらつらと書いてもいいのですが、
個人的に最も印象深かったところを一つだけ。


花束贈呈の時に、母親が両手を目一杯広げて待ち構えていまして、
妻ともしたことない堅い堅い抱擁となりました。

この子が結婚するなんて思ってなかった、ということだったらしく、
傍から見れば何だこの馬鹿親子、といった感じでしょうが、
人生で忘れられないシーンの一つになりました。



自分が結婚するなんて、
所帯の主になるなんて、
そして夫婦になるなんて。

妻同様、母親同様、自分でも未だに信じられないというのが、正直なところです。


過ぎてみて思うことは、
家族やら友人やらが自分のために一同に集い、祝福してくれることなど、
人生でこの一度きりなんだろうな、ということです。

それだけでも式をあげてよかったな、と思います。



また更新するかもしれません、しないかもしれません。
では。
スポンサーサイト

Gangukago.dat ~12周年に寄せて

2015年11月11日 12:00

お久しぶりです。
福岡市暮らしももう一年になりました。とりあえず生きてます、永らえてます。
eRoiMoはあの日亡骸になり、春に概念の亡骸になり、夏に霧散しました。

初秋に玩具籠-toycage-を削除しました、
ブログの削除も考えましたが残しました、
だからこそ今こうして久々のdialogを書いています、書けています。


この一年のことを簡単に記そうと思います。
私はもうeRoiMoではなく、eRoiMoだった何かです。
eRoiMo.dat(えろいもだった)がこの一年を回顧します。



2014年10月31日

親しみすぎた部屋を彼女と去り、鍵を大家に渡し、高速で北上。
その間ずっと二人は泣いていました、ボロ泣きでした、ズタボロでした。

新しい部屋で途方に暮れ、涙腺をにじませながら眠りました。


2014年11月

二週間ほど晴天がなかった天気。
引っ越した半社宅はカビ臭まみれ、北東向きの窓、詰まる下水。
肉体労働を始めとした未経験の、畑違いの仕事。
鹿児島を離れたこと、そして金銭的な不安。

一言で言えば、鬱状態でした、精神的に完全に参ってました。


2014年12月

出張で初めて沖縄へ、二週間ほど滞在しました。
行きの飛行機で見下ろした桜島と鹿児島は忘れない景色になりました。

精神的にはある程度落ち着いてはきましたがまだまだ不安定のまま、
彼女とも上手く言ってるとは言えず、仕事も午前様で、
黴の生えた布団に横たわり考えることは暗惨たるものでした。


2015年1月

年明け早々、しばらく寝たきりだった祖母が亡くなりました。
できた孫でもなかった癖に、葬儀の日はボロ泣きでした。
半月で三回ほど福岡と鹿児島を往復し、結果的に一つ吹っ切れたように思います。

それでもスマホを洗濯したり、夜勤が続いたり、部屋が寒すぎたり、
本調子とは程遠い中でもがいていました。


2015年2月

1月末から3週間ほど沖縄出張、
それが終わったら鹿児島に出張が有り、いろいろと考えました。
仕事そのものも夜勤と午前様が続き、精神的には上がりませんでした。

誕生日と祖母の四十九日が重なり、彼女を連れて実家に戻り、
福岡に帰ったら風邪を引きました。


2015年3月

風邪は2週間以上続きました、多分軽い肺炎だったのだと思います。
またも鹿児島出張、あの部屋には誰かが暮らし始めたようでした。

出張から帰ると忙殺期は終っていて、定時上がりが多くなりました、
寒さも和らぎ始め、ようやく精神は上向き始めましたが、
そうなると今度は、空っぽになった感じが否めませんでした。


2015年4月

先月から断続的に虫歯が疼いたり、腰と肩が痛んだりしましたが、
仕事は完全に落ち着き、精神状態はようやくある程度平安になりました。
この半年でようやく落ち着いた日々の中で、
自分の限、いい意味で言えば定まった未来、が見えたような気もしました。

月末には長崎の彼女の実家に行きました。


2015年5月

GWはF.S家族とT.S夫婦が来てくれて、あと下関に行って終わりました。
中旬に会社を一人辞めました、この一年で四人辞めて私含め五人入りました。

インフラ系の仕事なのでこの頃には完全に業務も落ち着いていて、
カビ臭く暗い部屋も何とか普通に暮らせる程度にブラッシュアップして、
次のステップに進むことを考えられるようになりました。


2015年6月

月初に生涯の腐れ縁であろうA.Sと呑みました、いい報告も聞きました。
1月に洗濯したスマホに限界が来ていたこともあり、スマホを買い換えました。
nexus5、docomoからワイモバイルに乗り換えました。

梅雨空に憂鬱になることもなく、福岡の曇天の多さにも慣れ、
ようやく平々凡々に日々は過ぎて行きました。


2015年7月

夜勤も含め外勤が増えてきて、真夏の屋外作業に熱中症の危機も感じました。
汗だくで働いた帰宅後の衣類は形容しがたいものでした。

初めてクレジットカードを作りました、ETCカードがメインですが。

下旬にプロポーズ、
その前後に二人で住む部屋を捜し南向きで三階のマンションに決めました。


2015年8月

盆に彼女を連れて実家に行きました、祖母の新盆がありました。
また、弟の新築新居に行ったり、三月に生まれた甥(第二子)に会ったりしました。
そして親から新車を提供されました、ほぼ最新のタントです。

下旬にスーツを着て彼女の実家を訪問し、結婚のお許しを頂きました。
彼女の実家に初めて宿泊しました。


2015年9月

ついに引っ越しました、二人暮らしが始まりました。
一週間もすると二人とも一年暮らしてたかのように馴染んでました、
鹿児島で暮らしたあの部屋と雰囲気が近いのもあったのかもしれません。

引越直後、彼女の実家側で双方の両親が対面しました、
事実上お金のかからない結納です、同棲というよりも新婚前という様相です。


2015年10月

引っ越すと同時に仕事が本格的な外勤ばかりになり、
しかも早出の午前五時起きだったり、夜勤で午前七時寝だったり、
肉体的にも精神的にも疲れていましたが、
家で一人ではないということは思ったよりいいことなのだと知る日々でした。

そして、東京ヤクルトスワローズ14年ぶりの優勝、万々歳です。




こういった感じです。
正直、9月に引っ越してからとそれ以前は精神的には別物です。
一気に将来に向けて目が行くようになりました、
それまではずっと引きずってました、
ようやく、スタートラインに立てた気がします。


鹿児島への未練、無念は大分薄くなりつつも消えていません、
消えることはないでしょうが、今の家で暮らしていくことにベクトルは向いています。

玩具籠もGangukago.datとして、
どこかで詞や写真だけでも掲載復活したいと考えています。
それが私の新しい碑です、鹿児島と福岡を繋ぐ。


たまに振り返りながら、
福岡で、生きていきます。
ふたりで。


それでは、
また気が向いたら更新します。


music:
ヨクト・雨男 - amazarashi

福岡引越前後にリリースされた「夕日信仰ヒガシズム - amazarashi」は、
春辺りまで心の支え。


玩具籠-toycage-とeRoiMoは鹿児島に沈めます。

2014年10月31日 09:00

●最後のdialogになります。

このdialogをもって、
ホームページである玩具籠-toycage-、並びにdialogを活動停止します。
また、SNS等も同時に活動停止します。


理由は、
一つに、転職の転居で何か捨てる覚悟が必要と考えていて、
ウェブでの自分の分身がそれに妥当な、充分すぎる重さがあると気づいたこと。

もう一つに、あまりにこことこのハンドルネームは、
鹿児島市で暮らすことと密着しており連れては行けないと判断したこと。
以上になります。


事あるごとに、このウェブページは開設から10000日続けたいと言ってきました。

色々な意味をこめて、纏わる諸々含めて、年に一度くらいは更新するかもしれませんが、
2003年11月11日に開始したこのサイト、並びに派生した諸々を、
2014年10月31日、4008日間、11年弱、40%強をもって、
ここに、鹿児島のイカリとして、沈めます。


ネット上の凡てをそのままにして福岡に行きます、
いつか復活する日があるかもわかりません、ないかもしれません。
またネット上のどこかでお会いしたら、
その時は宜しくお願いします。


鹿児島で、鹿児島市で生きてきたことの碑として、
玩具籠-toycage-とeRoiMoは鹿児島に沈めます。

ありがとうございました、
さようなら。

あしたはもうここにいない。

2014年10月30日 22:00

●2014年10月。

1日。 面接、条件が悪かった。
2日。 フルコミッションの会社を面接、ほぼ採用前提で話が進む。
3日。 何もない日。気分はとかく滅入る。
4日。 彼女の知人から、とある会社を案内してもらう、即面接取り付け。
6日。 2日の会社から採用通知をもらうも蹴り、上福。
7日。 前出の会社の面接、即採用決定。
8日。 帰鹿、心は激しく揺れ動くも福岡に行く決心を固め始める。
9日。 某会社の面接を受けるも、完全に消化試合モード。
10日。 引越し準備の最初として漫画を売る、20冊で300円。
11日。 大学の友人ケイユウを緊急招集し、部屋呑み。
12日。 何もない日、3日とは気分が違った、それは明るさだけではない。
13日。 引越見積を一括でできるサイトで依頼。
14日。 感傷的な気分により夕陽を見に行く、見積メールが30通も届く。
15日。 本格的引越準備スタート、埃で頭痛がする。
16日。 見積訪問してきた引越会社で引越決定。
17日。 大家に引越の旨報告。
18日。 高校の友人、邪友とヨッシーで部屋呑み。
19日。 1週間で捨てたゴミが45リットルゴミ袋換算で10袋到達。
20日。 予定されていた幾つかの面接をこの日よりサボる。
21日。 おそらく最後にハローワークに行った日。
22日。 ストレスの霧散か溜込か、2週間で2-3kg肥ったことが判明。
23日。 最後の鹿児島ロングドライブ計8時間。
24日。 インフラ等、転居手続きの電話、電話、また電話。
25日。 新生活への買い出し、IH調理器やらローカル調味料やら。
26日。 引越準備は断捨離と知る。
27日。 市役所・銀行等、手続きを一気に済ませる。
28日。 明け渡しのための荷造り、大掃除。
29日。 業者に荷物を渡し、部屋はがらんどうに。
30日。 最後の日、彼女と思い出の場所を巡る。

31日。 引越、福岡市へ。


この一ヶ月を折角なので書き出してみた。

これだけ毎日何かあったのはいつぶりだろうか、
もしかしたら人生で最も激動だったかもしれない。


この後は何を言っても野暮になる。


明日からいよいよ福岡市民。
この部屋で眠るのも今日が最後、明日の朝には旅立っていく。

ありがとう、さようなら、色々なメモリーズ。

残り3日の部屋で。

2014年10月28日 22:00

●南向き、セパレート、三階以上、洋室、駐車場有、ベランダ有、キッチン広め etc…
大学時代のアパートが西向きを始めろくでもない部屋だったので、
この部屋に移るに当たり条件は高めに設定しました。

居心地のとてもいい部屋でした、
ずっとここで住みたかったと思うほどに。
また鹿児島に戻ってきたらここで住みたいと思うほどに。

鹿児島そのものよりも、周囲環境含め、この部屋の方に愛着があるかもしれません。

午前様が続く毎日でただ寝に帰るだけだった頃、
会いに来る友人と酒を交わし寝落ちした日々、
長く続いた無職の時間を包んでくれた最近、
総て代え難い思い出です。

もう、今月でこの塒を、住処を、基地を、アパートを、家を、部屋を去ります。
この部屋の全てに、ありがとうを。



●彼女が長く取れた休みを利用して引っ越しの準備などしてくれました。
それ以前にも業者の選定等、力になってもらいました。


感づいている人もいたでしょう、
この二年以上の期間、遠距離恋愛でした。
今まで触れていませんでしたが、彼女は福岡市在住です。


会社から社宅を与えられたので同棲とはいきませんが、
三十分以内で会える距離になりました。
これまで新幹線利用で最短二時間半、交通費二万円、と比べれば一気に近くなりました。


友人知人に「福岡に行った方がいい」と言われつつ、
鹿児島への愛着と彼女への想いが天秤で釣り合っていたのがここ一年ほどです。

彼女に「鹿児島に来ても大丈夫だよ」と言いたかった日々は、
錦江湾、或いは博多湾の藻屑となりました。

福岡と鹿児島で揺れ動いた日々は、これで結論が出ました。


実のところ、彼女の懇意にしてる方の紹介で入る会社です。

無様なところを見せるわけにはいきません、がむしゃらに働きます。
早くこうすればよかったと今後思えるように。


今日現在で交際期間の大半が無職だったにもかかわらず、
見捨てないでいてくれた彼女には返す言葉もありません。


早く一緒になれるようにします。

Gangukagos Chronicles 2003-2014

2014年10月26日 22:00

この玩具籠-toycage-は、Ver,dialogとつけている通り、
dialogだけではなく、いや寧ろウェブページがメインです。

ウェブページのトップページは毎月更新し、
たまにはエイプリルフールネタをしたり、eRoiMo自身の画像も更新したりしてました。

というわけで、今回の件をいい一区切りとし、
これまでの画像をupしてみようかと思います。
昔からウェブページに馴染みの方々は「こういうのもあったな…」と、
ウェブページのほうを知らない方は「こんなのもあったんだ…」と、思っていただければ幸いです。



2nd-main.jpg
玩具籠創設当時のトップページを忠実に再現したもの。


●トップ画像よりセレクト。

yuuyake02.jpg
country.jpg
旧ハンドルネーム、E.G.A-cyot時代、2004年。

egacyot-monochrome-white.gif
※E.G.A-cyot時代のロゴマーク。


以下は、2004年から2014年におけるトップページの選り抜き。

200408index.jpg
index200410.jpg
enter200503.jpg
main200505-02.jpg
index200508.jpg
main200508-02.jpg
main200511.jpg
index200604.jpg
200606b.jpg
top200608.jpg
main200611-high.jpg
index200706.jpg
main200709.jpg
main200802.jpg
index200809.jpg
index200810.jpg
main200907.jpg
index200908.jpg
index201003.jpg
index201007.jpg
index201011.jpg
index201012.jpg
index201109.jpg
index201111.jpg
index201205.jpg
index201208.jpg
index201210.jpg
index201212.jpg
index201304.jpg
index201308.jpg
index201310.jpg


index2006-2007b.jpg
玩具籠-toycage- 2006年-2007年年越しトップ画像、凡そ2010年前後までこの仕様。

index2013-2014.jpg
玩具籠-toycage- 2013年-2014年年越しトップ画像、凡そ2010年前後からこの仕様。

2nd-index.jpg
2nd-index2.jpg
玩具籠-toycage- 2周年記念トップ画像。

main5th.jpg
玩具籠-toycage- 5周年記念トップ画像。

index6th.jpg
玩具籠-toycage- 6周年記念トップ画像。

index-8th.jpg
玩具籠-toycage- 8周年記念トップ画像。

10th.jpg
玩具籠-toycage- 10周年記念トップ画像。


●エイプリルフールネタ

keen-a-go-go_137.jpg
多分2005年。

aprilfool2006.jpg
2006年。

2008eroimoup.jpg
2008eroimodown.jpg
2008年。




●eRoiMo画像集

eroimo2006.jpg
2006年撮影。

eroimo200703.jpg
2007年3月撮影。

eroimo201007.jpg
2010年7月撮影。

eroimo201108.jpg
20011年8月撮影。

eroimo20110218.jpg
2012年2月撮影。

eroimo201309.jpg
2013年8月撮影。


●最後に、dialogより幾つか抜粋。

(コメントない割に)最も反響が大きかったdialog。
綾波レイの源流は森田童子。

詞作。
personal selection

愛聴曲。
100songs selection

写真集。
Vol.1/Vol.2/2012/桜島

座右の銘 「頑張らずに頑張る」

2014年10月24日 22:00

●福岡市はちょくちょく出かけていたこともあり、
アウェーではありますがそれなりに知っている場所です。
天神、博多は勿論ですが、
マイカーも連れて行くので、行ってみたい場所は沢山あります。

九州南部の地理には明るいですが、
九州北部は当然ながら疎いです。
福岡、大分、佐賀、長崎、熊本北部、
今まで足を踏み入れることのなかった場所も存分にドライブしようと思います。


遊びに行くという名目で本州、中国地方にも行くでしょう、
福岡なら行けるライブや公演もあるでしょう、
福岡で呑もうと友人連中が言ってくれます。

九州の中でも福岡でしか出来ないことは沢山あります、それを味わいます。



●決まってから、着の身着のまま福岡に行く印象をずっと抱いていました。
捨てたものは多いですが、残すものも案外多いです。

衣服、食器、家具、家電、音盤etc…
約十年前の引越よりも言うまでもなく荷物は多くなりました、
気がつけば大学時代から使い続けていくものもあります。

箱が一つ増える度に埃と記憶が自分に降りかかり、避ける術はありません。
咳き込んで、考え込んで、準備を整えています。



●しかし、最近の日記はこれまでのことばかりですね。

置かれた状況というのもあるでしょうが、
次にかけての不安、期待、願望といった視点があまりありません。


>結局、自分で決めたことを何一つ、何一つたりとも自分に果たせませんでした。
この間の日記で書いたこれに集約されるのでしょう、
やはりその懺愧の堪えなさに囚われてるのでしょう。

早く次の方向を向きます、とは軽々しく言えません、
そういった決意は蟻の糞にもなりません。
決意は、数字で表現できるもの以外では結果に対し殆ど影響をもたらしません。
短絡的に言えば、意味がありません。

それをこの秋で嫌と言うほど思い知らされ、ぶちのめされました。



座右の銘は「頑張らずに頑張る」です。

基本的に、
後ろを向きながら前に進むタイプです、
石橋を叩いて壊して安心するタイプです、
下準備がないと不安で、それでなくても非常に杞憂するタイプです。

その割に、
出たとこ勝負で生きようとするタイプです。

流される日々の中で、これまでの自分に流されないこと、
そうすれば決意せずとも、何らかの結実があるでしょう。


未練は未練のままで、
後悔は後悔のままで、
慙愧は慙愧のままで、
諦念は諦念のままで、
これからへと、流されながら、決意せずに、進みます。

「もう一度」 「もう二度と」  (The show must go on)

2014年10月20日 22:00

●高校の友人、邪友とヨッシー。
高校入学の最初の席順で三人が隣同士だったことがある種の運の尽き。
人生で半分以上のつきあい。

特に邪友は、大学も一緒でずっと鹿児島在住だったこともあり、
ここでは言わばレギュラーだった。
玩具籠-toycage-立ち上げの際に、最大限の協力をしてくれたのも彼だった。


彼らがこの部屋で最後の部屋呑みに来た先週末。
買い出し後、邪友製の鶏味噌と自作の豚味噌をクラッカーに乗せ、話も酒も進む。

邪友、ヨッシー、そして私。
それぞれに辛酸を舐めた時期もあり、
叶った夢、破れた夢、得た物、失った物、各々その大半を知る三人。

それでも会話は、
次もここで酒を交わす日が当然あるかのようにいつも通り。

ヨッシーはその日に、翌日の研修のため終電で戻り、
邪友は翌朝、朝焼けの街を戻っていった。 


ありがとう、
次に会う時からは鹿児島市ではないだろう、
その場所で、この部屋での部屋呑みを語ることもあるだろう。

思い出の場所は、ここは、思い出の中で、ずっと。



●マイナビ・リクナビ・ハロワ・求人誌 etc…。
目を通してはいるが応募したい企業もないし、そんなのが出てきてももう遅い、
というか30社も落ちた癖に、よくもまあ選ぶ視点で探してるものだと自分に呆れる。

仕事決まる直前の一ヶ月は、
布団に潜った後、巨大隕石がこの部屋に落ちてこいとか、
桜島(姶良カルデラ)の破局的噴火アフターとか、
ネガにも程がある妄想をしては酒を煽って無理やり酔いつぶれていた。

普段でさえ、歌詞の一言や漫画の一台詞に心を蝕まれて、
音楽を聞いたりモノを読んだりすることができなくなっていた。
テレビと動画サイトを見ては乾いた笑いとともに排泄のように流すだけの日々だった。

もはやそれも「懐かしい」の範疇だ。


転居準備を整えつつある、
後述するが掃除も順次進めている、大家に退去の旨も報告した、
あと10日。



●部屋で掃除していて、埃でくしゃみをすることはあったが、
埃を吸い込んで頭痛がしたのは初めてだった、
9年半ほっといたパンドラの場所だった。

この10日で45Lゴミ袋換算で10袋ほど捨てた。
凡そ換算で、捨てなかっただけのもの4袋、廃品・粗大ゴミ3袋、生活ゴミ2袋、
そして、断ち切るために捨てるもの1袋。


特に個人的に大きかったのは、
中学生から書いている詞の、手書きで書いた分。

パソコンで書き始めたのは社会人に入ってからが主だったので、
中高大と鉛筆と消しゴムで書いた500枚以上にも渡るものを、捨てた。
その大半は世に出すことも憚られるものであったにせよ、
そういった没詞には、今も思い出すフレーズもある。

それでも捨てた。


鹿児島から去るということでなければ残したものが、それ以外にもある。
そう考えると愛着が、この県にそれだけあるのだろう。


だがそれは副次的なもので、
過去からの断絶をしなければいけないと思ったのが大きを占める。

CDMDコンポ、古いパソコン、プリンタ、漫画、小説、
弁当箱、水筒、文房具、バッグ、マット、布団 etc…
捨てられるものは捨てた、そして捨てていく、
最低限の荷物でこの部屋を出て行く。

「もう一度」はない、「もう二度と」しかない、そういうことだ。



music:THE SHOW MUST GO ON - 筋肉少女帯
鹿児島最後の思い出の一片にしようかと思い、聞いた1枚。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。