スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインレッドの島唄。

2014年04月28日 22:30

●dialogを書く時、たまにtwitterの発言を見返す。
「あー、市電と市バスがぶつかったなー、衆議院の補選があったなー、
鍵の置き場所が固まったなー、車のエンジンのかかり悪かったな―…」

特筆するようなことがなんもない。
良くも悪くも刺激的な出来事がない。

今年に入ってから特に日々はそう過ぎる、ただ流されるまま。
なるほど、これでは心が腐る、最近は全く詞も書けない。


仕事が決まるまでの辛抱だと思おう、
第三社のような目にあったらたまらないが、あれは特例だとしよう。

ただ必要なのは、糸を切らさないこと。



●先週のブースト推進力でガシガシと履歴書を提出したこの一週間。

去年まではこの怠惰に過ぎる日々が心地よかったことを否定しない、
今年からはそれもすっかり消えた。
日が沈む頃にはソワソワして、冬なのに汗がわいた。

不安と焦りと絶望と投げやりが混濁した粘っこい感情、
それをどうにかいなすかやり過ぎるまで待つか、そんな日々。


もうおさらばしたい、どれかひっかかれ。
面接は攻め身で受けろ。



●音痴矯正プログラム、第三回。

音を合わせるための歌声はささやきに近く、
「死にかけ」と言われるほどなのだが、その歌声でマッチするものがあった。
安全地帯。
これは先週も書いた。

安全地帯でさらに的を絞れば、ワインレッドの心。
これだけはカラオケで歌える及第点らしい。
THE BOOMの島唄もレパートリーに加えることが出来そう、とのこと。

あとサザンも頑張ればどうにかなるかもしれないようだ。
チャゲアスや村下孝蔵は諦めよとの指示、従いたくはない、ないのだが…。


私は自分で思うよりはハスキーヴォイスらしい。
福山雅治やイエモンなどの低音曲しか歌えないと思っていた思い込み、
それは歌うことに対して30年間続けてきた錯覚、
音程が無知蒙昧。


一ヶ月前よりはだいぶマシになった気がするが、
それはカラオケで100点中8点叩きだした者の戯言。
20点か50点かは誰かに聞いてもらわないと分からない、80点などはありえない。


music:ワインレッドの心 - 安全地帯


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1191-2c15b119
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。