スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナスタジア (my colar is samurai-blue)

2014年05月04日 22:30

●世間はゴールデンウィーク、
私は長い長い望まない休みの真っ只中。


保っているのは、生活リズムを崩さないこと。
就寝時間、起床時間、食事時間を固定化させ、
食事は自炊でバランス重視、インスタントフード・ジャンクフードに頼らない。

生活まで崩してしまっては心まで崩れてしまう、
そこからおそらく一気に全てがどうでもよくなってしまう。
ブロークンウィンドウ理論は自分自身のことに対しても当てはまる。


仕事を決めるのがゴールではなく、そこからスタート、
いつでもスタートを切るため、
スタートラインは整えて始めるため。

そこがスタート、その先にある自分だけのものじゃない未来がある。




●先日、彼女に共感覚(シナスタジア)があることが判明した。


共感覚 - wikipediaより引用。
>ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。
>例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。

念のため言っておくが、共感覚はオカルトやスピリチュアルではなく、
上記の通り特殊な知覚現象で、研究も進められている。


この「色を感じる」、ということがあるらしい。
人間に対して、オーラのように包む色が見える、とのこと。

具体的に言えば、私は青、しかもサムライブルーのカラー。
私の友人に関してもそれぞれ色があるようで、
某は紫、某は萌黄色と若草色の間、といった具合。

あと顕著なものは音に色が見える。

曲のほうが分かりやすいそうで、
宇多田ヒカルの曲は青が多い、スピッツの渚は薄緑、
岡村靖幸の聖書は練乳色、ムーンライダーズのくれない埠頭は臙脂に近い。

アイドルの曲にはこの色が感じられないそうで、
市松模様やストライプのようなぼやけたものがそこにあるだけ。
作り手の思い入れのない、魂のない商業音楽だとそうなるのかな、と個人的見解。


この共感覚は以前から知ってはいて、興味を持ってはいたのだが、
まさかこんな身近にいたとは、と驚く。
共有できるものではないが、色々と教えてもらおう、か。


music:【album】ラブストーリー [ fish ・ こわいはなし ・ 君がドアを閉めた後 ] - back number


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1193-b8dbec8d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。