スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動けない風見鶏

2014年06月06日 22:30

動けない風見鶏

れんげ草薫る小路で 誰かを追うまね
私はいつしか陽炎にゆらゆら
陽だまりの坂道を泳いで 羽の無い鳥に変わる

昼下がりの三日月だけが知っている
熱を隠した木立の中 息づいていた秘密

廃屋の風見鶏 抜き取った花火の夜の合言葉
みんなでうなづいた すべてはさびついた


首かざりの作り方さえ 忘れた頃に
私はいつしか幻にゆらゆら
つけ足した脚本だらけの 懐かしい夢から覚める              脚本【シナリオ】

一度きりの金魚売りが去った後
取り残された空き地の芝 伸びては離れた影

基地に立つ風見鶏 証をかかげた朝に立つ誓い
みんなでわらってた すべてはさびついた


 「明日来る台風のせいにしよう」 そう決めあった
 天気予報は嘘をついて 
 僕らは嘘に嘘を重ねた

 「十年後またここに集まろう」 そう約束した
 ロープで固めた風見鶏は
 僕らと違い 動けなかった


忘れられた風見鶏 回ってははぐれる信じた約束
みんなできたかった すべてはさびついた

倒れない風見鶏 忘れ物に変わってしまった宝物
みんないなくなった すべてはさびついた






---------------------------------------------------------
製作期:2004-2005



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1203-39339ce1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。