スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万の華鏡

2014年06月10日 22:30

万の華鏡                          万の華鏡【よろずのはなかがみ】

閉ざされた真夏の御空に 浮かぶ別離を思う頃              別離【わかれ】
この夜のために ただ涙に暮れ明かす                        夜【よ】

作られた泣き痕壊して 泣き崩れようかもう一度
笑い話に さぁ塗り替えゆくため

傘で隠せぬ敢えなさが やがて乾いていけばいい
ここに在ることそれだけが 証に変わり咲き誇る

壊れゆく風が 揺らした跡となり
同じ記憶くらくら回り 燃えて散る走馬灯
砕け散る花は やがては実を結ぶ
続く時は繰り返さない 万の華鏡


振り向けば唇噛み沁む つけた轍のふらつきに
体の熱は ただ眠りを削り往く

さりげない言葉にのぼせて 泣かせ傷つけ悩ませた
お前を明日は さぁ笑わせてみよう

舌を出しては済ませてた 嘘を未来に変えようか
いつも誰かのせいにした ヤボい不安を蹴り上げる

やるせない声も 届かぬ跡となり
安い噂ゆらゆら揺れる 遥かなる蜃気楼
苦しさの末が たわわに実ればいい
見ない振りで西へと下る 星なら億粒も


速さ増す時が 祭りの跡となり
美しさをつらつら綴り 尽きてゆく珊瑚礁
譲れない愛に やがては抱かれる                 抱かれる【いだかれる】
刹那毎に変わって光る 万の華鏡






---------------------------------------------------------
製作期:2004-2005



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1205-9b5f805f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。