スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blue jellyfish

2014年06月27日 22:30

blue jellyfish

眠らせた青いリビドーは あの子をイルカに変えながら
壊れた満月撒き散らし 左腕のアザを消してく

吸い込まれそうな黒い波 闇へと散らばるトンボ花火
指先紡いだイメージの それは夢の終わり?始まり?

死んだ水が喜び育て 風はいつかランデヴー

簡単に果てた夜にゃ 邯鄲の夢もしぼむ
されど朝に夢とともに また立つ
あの願いの果てに からむはずの滴もない
砂の山に打ち上げられた 
僕ならブルー・ジェリーフィッシュ


冷たい気持ちで塗りこめた ハートはあの日にゃ熱すぎて
尽きない流れに沿うように 覚めた性に添わせてただけ               性【さが】

揺れて飛んだたぎる命 もっと蒸発て雨を呼べ                蒸発て【あげて】

散々に萎えた僕にゃ 燦々と星が照らす
昼は花が夜は種が はじける
触れたがった肌は 他人の声に湿りくねる                     他人【ひと】
浮かぶごとにまとわりついた
君ならホワイト・コットンキャンディー


散々に萎えた僕にゃ 燦々と星が照らす
昼は花が夜は種が はじける

簡単に果てた夜にゃ 邯鄲の夢もしぼむ
されど朝に夢とともに また立つ
あの願いは折れて 体の中 君を乱す
一人遊ぶ浜辺で枯れた
僕ならブルー・ジェリーフィッシュ





---------------------------------------------------------
製作期:2004-2005





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1210-162db7a8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。