スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツブヤキッター201409 -石で言えば「ラピスラズリ」

2014年09月15日 22:30

ツキイチ恒例、twitter選抜。
この一ヶ月を一言で言えば、希望後失望。



9/14
>一社目退社前後から、全ての言動が悪いフラグに思え、思い出す誰かの言葉が呪詛のように思え、
未だ次への出口否入口へのチケットを手には出来ていない。
あと一歩、全ては足がかり、そう信じていや思い込んで、
次へのドアに手をかけ続ける、今はそれしかない。次の入口すら、入ればまた足がかり、アイムアライブ。

>昨日は寒すぎて毛布かぶって寝た、今年は秋が早い。


9/13
>今日の昼飯のカレーに入れた隠し味一覧:
塩胡椒・ブラックペッパー・七味唐辛子・味の素・とんかつソース・焼きそばソース・お好み焼きソース・
コンソメ・和顆粒だし・中華顆粒だし・チューブしょうが・焼肉のたれ(2種類)・
めんつゆ・薄口醤油・濃口醤油・大蒜醤油・ターメリック・ガラムマサラ

>九月前半の鹿児島で長袖着て寒いってどういうこっちゃ。

>ついにきゃべつがさんびゃくえん

>鹿児島中央駅に呼び出され、ヨッシーとヨッシー友人と三人で酒会。
ビール→ハイボール→日本酒→ワイン、とちゃんぽん乗算してヨッシーらとseeya、
今回ほぼ奢ってもらったから、次はこちらが。


9/12
>お涙頂戴がなかったり理論説明があったりするから、
下手なSF映画やパニック映画より空想科学ドキュメンタリーのほうが鑑賞し易い。


9/11
>マリオ1の無限1UP #人生で一度しか成功したことがないもの

>俺は石で言えば「ラピスラズリ」なのだそうで。ちなみに産まれて初めて聞いた。


9/10
>ツイートせずに胸にとどめておきたい口惜しさ一つ。

>縫包みの集合写真に心が動く、そんな日。

>実家から貰った芋焼酎をようやく一昨日消化しきったんだが、辛いわ重いわ酷く残るわできつかった…。
芋焼酎に合う合わないはあるが、アレは合わないなんてもんじゃない。
そりゃ貰い物なのに実家でずっと放置されてるわけだ。


9/9
>昨日面接したとこから不採用通知が来た、24時間以内に知らせてくれるとは親切だ。
…終了直後から思ってたがカラ求人なんだろうな、面接10分経たず終ったもの。
消印の時刻見るとどうも面接する前から不採用通知投函してた可能性があるな…。
邪推だが、そう疑りたくなるほどには手際がいいというか、採る気が微塵もなかったというか。

>数年前のある日、今はもうない近所の店で昆布巻きを買い、帰宅後一口で口に放り込んだ。

「ガリガリガリガリッ!!」

びっくりするほど大量の小石が紛れ込んでいた…。

たまにあの感触を思い出して、気持ち悪さで鳥肌が立つ。


9/8
>面接があった日、というか夏場に背広を着た日は体温調節機能が一時的に狂うらしくどうも体調が芳しくない。


9/7
>twitterって本来は誰かの人生の交差点を垣間見ることが、とくに日本人にとっては重要なことだったのに、
いつしかウケ狙いの身を切る大喜利になってしまってるような気がする。

>人間嫌いはふつうのレジが空いていてもセルフレジを使いたがる。


9/6
>とんこつらうめん。長浜より久留米より博多が好み、クリーミーなすうぷ。


9/5
>twitpic終了ですか、惰性で使ってただけだったからな、寧ろ半ば歓迎。

>たまになら芸能人に遭遇することもある。


9/4
>第一社で三度程営業から異動になるという話があったが、何れも反故にされたことをふと思い出した。
重なった偶然か見えざる意志か、後者なら善意か悪意か。

>味噌汁が自家製の飯屋に外れはない。


9/2
>鹿児島弁を心をフラットにして聞いてみた。…これ東アジアのどっかの国の言葉だろ、日本語じゃないだろ!
バイリンガルの気持ちがちぃーっとばっかい分かった。

>ドラマを見てるらしき某より、「やっぱりeRoiMoは長谷川博己に似てるよね」との連絡が。


8/31
>会社に入りたいその度合いと志望動機の思いつき具合は凡そ比例関係にある。

>こん平師匠の登場は自分の意志だと思いたい。

>今日は就寝時間除く家にいる間はずっとめちゃユル見てたな。

>Podが充電しなくなったので仕方なしにandroidスマホに500曲程度ぶちこむ。


8/30
>twitterの無断転載に怒ってる輩が
2chの無断転載であるアフィまとめサイトを嬉々としてRTしてるというダブルスタンダード。

>カレーは隠し味をつぎ込めばつぎ込むだけ味に厚みが増す唯一の食べ物だ。


8/29
>うおおお、昨夜寝落ちしたら、その直後に岡村ピンでオールナイト継続の告知があっただと!?
昨夜の俺のしんみりを返せといいたくもあり、
またこのどんでん返しが嬉しくもあり、やっぱり二人じゃないと何か違うという思いもどこかにあり。 #99ann

>雨が降る直前の空気の変化が分かるようになってきた。

>ついさっき知った萩原恭次郎という戦前の前衛詩人の表現が、現代に既に匹敵していた…。


8/28
>ASKA公判、という現実。

>TLに空振とか桜島爆発的噴火らしきつぶやきが流れてくると桜島上空の風を確認する。 #鹿児島あるある


8/27
>高校大学と単車乗ってたが、今乗るとものすごく怖いんだろうな…。
身をむき出しで車の横を走る、車に追い越されるだけで「ひぃっ」ってなりそう。

>インナーウェアで扇風機(弱)に当たってると寒い。
八月なのに、鹿児島なのに、夜とはいえ、ありえない。

>笑点を初めて見たのは昭和と平成の境目辺り、小遊三師匠と九蔵師匠の席が今と逆だった。
当然歌丸師匠は回答席で現円楽、当時小円遊師匠との罵倒合戦が面白かった。
山田隆夫はずっと座布団運びだけど最近「手を上げて横断歩道を渡りましょう」を言わないなぁ。


8/25
>アルフィーは今日で40周年ですか、めでたいことです。
チャゲアスも今日で35…、
いやそんな死んだ子の齢を数えるようなことは…。

>証明写真の補正を自分で出来るなんていい時代だ。
だが、それによって初めて分かってしまった、整形する人間の気持ちというものが。


8/24
>前、どこぞの面接で「仕事はできるが家庭がおろそかな人、
家庭ではしっかりしてるが仕事がおぼつかない人、どちらがいいと思いますか?」という質問をされたことがある。
『プライヴェートをダメにしてでもこの仕事に取り組めよ、わかってるな』
という圧力だったと考えるのは疑りすぎだろうか。

>蛇口から出る水は一日中シャワーとして適温な温かさ。
ガスボイラーは動いていない、どれだけ熱されてんだ。


8/23
>これでダメならしょーがないッ!

>今日の鹿児島市はサマーナイト花火大会。

皆さんご存知とは思いますが、花火が散る夜は最も女学生の花が散る夜でもありますよ(笑点桃的微笑)。


8/21
>面接、訪問から開始迄に待機期間があるかどうかは重要だ。
そこで心がけや想定回答を復唱して心を整えることが出来るから。


8/19
>この二週間はこれまでの二年間に匹敵する。


8/17
>俺はアイドルマスターに無駄に詳しくなった、彼奴様のせいで。


8/16
>久々に米虫よけを購入。虫が湧いて小さな篩に米を二回かけ、その後部屋で丸一日干すのはもう勘弁。
こないだ部屋を掃除したら逃げ出した虫が物陰で乾涸びてたし。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1238-64059301
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。