スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

May ~五月の忘れもの

2014年10月14日 20:00

May ~五月の忘れもの

冷たいグラスに頬をつけて
新しい緑を浴びてた
おだやかな絵の中 ほほえむあなた
僕じゃない 誰かのため

僕の中だけで 戻り始める
きっと恋じゃなかった でも 幸せだった
ふたりが特別だった そんな時間が


日差しが眩しくなっていくから
寒さなど忘れてしまうって……
そのひとはあなたさ 冬が僕で
離れてから 気づいたこと

僕は知らないね あれからのあなた
友達として握った 指の感触と
日記に残っている ほのかな匂い


 一目で分かったんだ
 思い描いてた君 そのままだったから

 今と同じ 五月の景色だね


褪せていくのかな その逆かな
その笑顔と名前は どこかにしてきた
僕だけの忘れもの

僕の中だけで 繰り返すんだ
きっと恋じゃなかった でも 幸せだった
ふたりが特別だった そんな時間が





---------------------------------------------------------
製作期:2001-2002



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1252-2af9d58e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。