スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名もなき旅路(with P.S)

2014年10月15日 16:00

名もなき旅路(with P.S)

傷を知らない奴を 僕は一人も知らない
何かを覚えて 何かを忘れて
越えていく日々はいつの間に 土に戻っていく

どうにか踏み固めた この長い道のりで
誰かを愛して 誰かを憎んで
いつも何かに気がついては 結局見失っちまう

ありきたりの言葉を重ねて 
ここまで歩いてきたんだけど
これからもそうだろう きっとそれでも何かを紡ぎ出す


人が人である以上 変わりながら生きていく
冬は春になる 夏は秋になる 
月は欠け夕陽は朝陽に そして今は何になる

たやすく起きないから奇蹟 
待ってれば終わってることもよくある
人と人の交差点 戸惑いながら誰もが進んでいく


   引き換えとして失った時が 
   たとえ 戻らないとしても
   出せなかった手紙の 追伸に書き残され
   心に刻みこまれた あの日の思い 


地平線がそこにあったなら
どこまでいってもたどり着けない
目的地は違うだろう ここから歩けばどうにかついてしまう

ありきたりの言葉を重ねて 
ここまで歩いてきたんだけど
これからもそうだろう きっとそれでも何かを紡ぎ出す

溜め息の中 やるしかない





---------------------------------------------------------
製作期:2001-2002



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1257-0d9cc958
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。