スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色褪せたメモリー -Ver,302-

2014年10月18日 22:00

色褪せたメモリー -Ver,302-

秋の陽差し込むこのアパートを
明日の朝には旅立っていく

満面の笑顔で旅立てずじまい
荷物と記憶なら積み上げたまま

そういえば夢を見た幾つかは
その度に打ちひしがれて イヤホンに流した 
あの時も聞いていたフェイバリット
憧憬、喪失、思い出すよ

デジタルデータの折々の写真
久々に見てみたら気がついた
心はどこか 色が落ちているよ
色褪せたメモリー


もうすぐ来る冬 戻れない日々の
凡てを振り切って生きると決めた

九年半暮らしてた302号
笑った泣いた恋をした 過ぎ去った日々なら
少しだけ美しくしてみたい
夢の中だけで生きられない

古い携帯にふと触れてみると
失望も希望もよみがえる
ぼんやりとでも それは確かにあった
色褪せたメモリー


来た日には想像もしていない
日々を連ね、夜は明け これからへと続け
もっとずっといたかった想い捨て
カーテンをそっと取り外して

思い出に変わるこの部屋から
見晴らしたお別れの景色は同じ
無くしたものは 時間だけ、そうだろう
色褪せたメモリー

自分の形見をこの街に置いて
馳せられぬ未来へと旅立とう
隣で笑う 人とともに鍵閉めて
色褪せたメモリー


失ったメモリー
忘れないメモリー
ありがとう、さようなら
色褪せたメモリーズ





---------------------------------------------------------
製作期:1997,201410

原詞:色褪せたmemory (1997)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1261-0853086c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。