スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら。 ~1996-2013

2014年10月22日 22:00

さよなら。 ~1996-2013

旅路の地平線にあった真実は
いつか色褪せた記憶
壊れた舟一つで真夜中泳ぐ
そんな蝶々になって

やがては愛憎産む 時の栞に月を仰ぐ

  あの夏に君と見た夢は
  海の欠片へと 飾られてゆく手折られた花
  僕はそう、場末の踊り子が
  いつか見た夢の 動けない風見鶏なんだ


水のないプールに沈むみたいに
総ての今が僕だなんて
終章の続きをただ眺めてた
紫陽花の向こう側から
  
夢ならおよめさんだった あの子への恋ってやつぁ…!

  夏草が揺れる廃駅で
  ぼんやりと想った あの願いなら届きましたか
  二人きりの葬列のような
  教室の月の輪 殉情なら夏の脱殻


    入水する魚の 光の環は
    螢みたく向日葵の散る 速さで希望に蒼く消える
    烏が羽ぶその日へ 互いの今は
    時計の成る木に枯れども実る


それでも花とゆめと 群像の影なら遠く遠く

  何もかもが夜伽話なら
  スーパーノヴァ照らす 鼬と狐の遊戯なんだ 
           鯨の見た夢みたく 廃線走る夢みたく

  さぁ
  さよならにさよならをしよう
  この玩具籠の 言の葉ならばいつかは消える
  何もかも潰えた先に
  新しい俺が 旧い俺へと「さよなら。」言える

  時がありますように





---------------------------------------------------------
製作期:1996-2013,201410


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1263-bdecea4a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。