スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたはもうここにいない。

2014年10月30日 22:00

●2014年10月。

1日。 面接、条件が悪かった。
2日。 フルコミッションの会社を面接、ほぼ採用前提で話が進む。
3日。 何もない日。気分はとかく滅入る。
4日。 彼女の知人から、とある会社を案内してもらう、即面接取り付け。
6日。 2日の会社から採用通知をもらうも蹴り、上福。
7日。 前出の会社の面接、即採用決定。
8日。 帰鹿、心は激しく揺れ動くも福岡に行く決心を固め始める。
9日。 某会社の面接を受けるも、完全に消化試合モード。
10日。 引越し準備の最初として漫画を売る、20冊で300円。
11日。 大学の友人ケイユウを緊急招集し、部屋呑み。
12日。 何もない日、3日とは気分が違った、それは明るさだけではない。
13日。 引越見積を一括でできるサイトで依頼。
14日。 感傷的な気分により夕陽を見に行く、見積メールが30通も届く。
15日。 本格的引越準備スタート、埃で頭痛がする。
16日。 見積訪問してきた引越会社で引越決定。
17日。 大家に引越の旨報告。
18日。 高校の友人、邪友とヨッシーで部屋呑み。
19日。 1週間で捨てたゴミが45リットルゴミ袋換算で10袋到達。
20日。 予定されていた幾つかの面接をこの日よりサボる。
21日。 おそらく最後にハローワークに行った日。
22日。 ストレスの霧散か溜込か、2週間で2-3kg肥ったことが判明。
23日。 最後の鹿児島ロングドライブ計8時間。
24日。 インフラ等、転居手続きの電話、電話、また電話。
25日。 新生活への買い出し、IH調理器やらローカル調味料やら。
26日。 引越準備は断捨離と知る。
27日。 市役所・銀行等、手続きを一気に済ませる。
28日。 明け渡しのための荷造り、大掃除。
29日。 業者に荷物を渡し、部屋はがらんどうに。
30日。 最後の日、彼女と思い出の場所を巡る。

31日。 引越、福岡市へ。


この一ヶ月を折角なので書き出してみた。

これだけ毎日何かあったのはいつぶりだろうか、
もしかしたら人生で最も激動だったかもしれない。


この後は何を言っても野暮になる。


明日からいよいよ福岡市民。
この部屋で眠るのも今日が最後、明日の朝には旅立っていく。

ありがとう、さようなら、色々なメモリーズ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1267-552ec84d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。