スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の瞼は常に重い

2018年04月17日 00:00

心の瞼は常に重い


あれから変わってしまったものなら
言葉で形にしたくない
あの日に終わった一つ一つを
心が養いさかむけだす

 泥に落とされ 「許せない」と立ち上がった
 その一歩で 花を踏みつけたこと見落とした
 その泥も その花さえも
 見返せば 自分自身だ


ここには未来がないとかわめいた
ここなら選んだ日があって
景色と相手が変わった世界で
心はいつでも綱渡りだ

 浅い呼吸と 病む頭でたどり着いた
 あの出口は 写し絵と見間違う入口で
 歩いてる 樹海の中で
 見上げてる 自分の殻を


安堵も答えも終結ではなく
明日には続きが待っている
新たな気懸かり 問い、待つ中にて
心の瞼は常に重い

 春来ない冬 止まない雨 明けない夜 
 どの先へも 盾としてそんな絵を隠し持つ

 いつか描いた 天国やら地獄やらに
 この無様じゃ どちらにも転べなどしないのだ
 内臓は のたうち回り
 繕っては 自分を夢む





---------------------------------------------------------
製作:201708
by eRoiMo.dat


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eroimo.blog104.fc2.com/tb.php/1288-21832715
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。